車体広告事例
多くの広告主(企業様)が様々な手法を活用し、広告宣伝、プロモーション活動を展開するのが当たり前となった現在。 効果を計測しにくいマス広告が衰退の傾向を見せ始める一方、消費者と広告の接触の機会を求める広告主が増え、SP広告とも言われる車体広告に対する需要は高まっています。
車体広告(ラッピングバス、ラッピングトラック等)は、バスやトラックを使用したダイナミックな広告宣伝で自然と街行く人の視線を集めます。
長期間掲出(走行)することで消費者との定期的な接触を可能にし、車体広告はイベントへの案内や実店舗への誘導などに優れた手法です。あふれるほどモノを所有する消費者に対しては、ターゲットを絞り込んだ、これまで以上にきめ細かな広告展開が必要となります。
発想力×制作力。自由な発想力と確かな技術で、看板制作とパネル制作(各種加工)をお手伝いいたします。
看板製作において、まずどのような人の視覚に訴求するか、つまりターゲット設定が重要となります。男性か女性か、通行人か車や電車で移動中の人か・・・。そのような条件を絞り込んだ上で、もっとも効果的な看板製作のお手伝いをいたします
どんなに立派な看板を作っても、それぞれの看板が持つ効果を発揮できなければ意味がありません。通行人の足をお店に向けたり、無意識のうちに記憶させたり・・・インター・プロデュースは、それぞれの看板が持つ特徴や効果を最大限発揮する看板作りをいたします。
インター・プロデュースは、1枚から大量印刷まで対応出来る大判出力サービスを皆様にご提供しております。屋内・屋外の各種看板から、ポスター、タペストリー、横断幕、懸垂幕など多種多様な広告物に対応するため、様々なメディア(用紙)を用意し、お客様からのご要望にお応えして参りました。 使用しているメディア(用紙)も単純に安価なものではなく、プリンターとの相性や色の再現性が高いものを自社で繰り返しテストし、クリアしたものだけを使用しています。 大判出力サービスだけではなく、フレーム加工やボード加工、パウチ加工、縫製加工、ハトメ加工、タペストリー加工、フラッグ加工など様々な場面ですぐにご利用できる後加工サービスをご提供しております。
屋外広告は、屋外を通行する歩行者や車・電車などで移動中の人を訴求するための広告です。 その大きな特徴は、一定の場所に継続して掲出することで、反復訴求の効果を見込めること。 インター・プロデュースでは、デザインから施工、メンテナンスまで一貫したご提案を行っております